風景印・郵頼手順マニュアル📮

皆様、こんにちは。

今回は風景印を集める際の入手方法の一つ、郵頼について紹介します。

風景印を押印してもらう方法は、郵便局に直接行き、押印してもらうのが基本になります。

それ以外にも郵送で対応してもらう郵頼(ゆうらい)という方法があります。

郵頼の方法について、僕のやり方を紹介します〠

用意するもの

・風景印を押印してもらう紙(63円以上の切手貼り済)

・依頼書

・返信用封筒(84円切手貼り済)

・封筒

手順

①郵頼する郵便局を決める

押印してもらいたい風景印を決めます。

僕は風景印のまとめサイトみたり、本を見たりしています。

▼参考:鹿児島の風景印〒

②風景印を押印してもらう紙を用意

ハガキに押印してもらって返信してもらいたい人は、切手を貼ったはがきを用意します。

僕は名刺カードで収集しているので、名刺カードに切手を貼ったものを準備しています。

※2022年1月現在、風景印押印は63円以上の切手が必須。

ちなみに、名刺カードはLIFE 情報カードを使用しています。

③依頼書を用意

以下の情報を書きます。

・挨拶文

基本的な挨拶文を書きます。簡単な文章ですが、僕の場合は以下の文章を書いています。

ご多忙中のところお手数ですが、貴局で使用されている風景印の押印をお願い致します。
下記の通り押印して発送をよろしくお願い致します。 
お忙しいところ恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

●押印位置

切手に対して、どの部分の押印して欲しいといった希望があれば記載します。

風景印押印日付

希望の日付があれば記載します。

希望日付がある場合は余裕をもったスケジュールでの依頼が必要になります。

ちなみに、令和3年3月3日の時は希望を書きました。

●差出人連絡先

何かあった際、郵便局の担当者から連絡があるかもなので連絡先を記載します。

依頼書の例

僕が作成している依頼書を例として載せておきます。ご参考にどうぞ。

④返信用封筒の用意

はがきではなく、名刺カードなどに押印してもらう場合は、返信用封筒も用意します。

宛名に自分の住所を記載し、84円以上の切手を貼っておきます。

風景印カードが曲がったら悲しいので、赤文字で「折曲厳禁」と記載しています。

字が汚いのはご容赦ください。。

⑤送信用の封筒の準備

郵便局の宛先を書き、上記②〜④で準備したものを入れて封をします。

ここでも封筒に赤文字で「折曲厳禁」と記載します。

また、風景印の押印依頼ですよとわかるように「風景印押印依頼」と記載しています。

これで準備完了です。

⑥投函

投函します。

あとは返信がくるのを楽しみにして待つだけです。

さいごに

投函後はポストを見るのが楽しみです。

届いたときは嬉しくなります。

返信用封筒の消印に風景印を押してくれてあると嬉しいですね。

たまに局員さんのお手紙が入ってることがあり、その地域のおもてなしを感じることがあります。

お手紙で地域の紹介をされていると、いつか行ってみたくなりますよね。

郵頼の楽しみ方は他にもあります。それは返信されてきた封筒の切手集めです。

僕は返信用封筒にシリーズものの切手を貼っているので、全部返ってくるとノートに整理してコレクションしています。

使用済み切手を見るのも楽しいのでおすすめです。

郵頼は、郵便局に直接行けない人にとってはおすすめの押印依頼方法です。

これを機に風景印を集めてはいかがでしょうか。

風景印については以下記事でおすすめしています。ぜひ読んでみてください。

▼参考:風景印のススメ

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「埋もれた歴史を発掘・発信」をテーマに薩摩の地でイベント企画や商品開発、情報発信をしていました。( 山城の観光記念符「城郭符」や、歴史和菓子「雪窓院」を企画など)