「霞マルシェ2018」参加レポート

こんにちは。スーグル(@vsoogle)です。

今更ですが、2018年の10月に鹿児島県薩摩川内市として「霞マルシェ」に参加した時の簡単な感想まとめです。

※Twitterの埋め込みがメインです。

霞マルシェ2018とは

「霞が関からまちおこし」をテーマに、10月17日(水)~19日(金) に霞が関ビルにて開催されたマルシェ。山口県・岩国市、愛媛県宇和島市、熊本県天草市、宮崎県小林市、鹿児島県薩摩川内市、沖縄県沖縄市が出店しました。

薩摩川内市の紹介記事

「霞マルシェ2018」開催! – 霞が関ビルディングより

僕は当時は薩摩川内市の地域おこし協力隊として参加。マルシェでは、開発に関わった「雪窓院」の販売とテストマーケティングがメインミッションでした。

雪窓院は東京初上陸とのキャッチコピーで販売を行いました。Twitterを見て買いに来てくださった方もいて、嬉しかったのを覚えています。

関連記事島津義久・義弘・歳久の母「雪窓院」の謎に迫る!

Twitterまとめ

以下、Twitterでのまとめ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「埋もれた歴史を発掘・発信」をテーマに薩摩の地でイベント企画や商品開発、情報発信をしています。( 山城の観光記念符「城郭符」や、歴史和菓子「雪窓院」を企画など)